豊田市力石町にて、お風呂のリフォームと、洗面所の床の張り替え工事をさせていただきました。

元々、タイル張りの味のあるお風呂でしたが、冬が寒いのと、水漏れしていたのがお困りということでした。

今回、最新式のユニットバスに交換したことで、寒さが解消されて、使い勝手も良くなったと喜んで頂きました。

リフォーム工事の内容

お風呂の設備をユニットバスへ交換、洗面所のフローリング張り替え、給湯設備の交換、サッシの交換、一部外壁の板金工事、建具ドア交換

リフォーム期間

解体も含めて、約2週間。

夏場のお風呂のリフォームということで、できるだけ、お施主さんにご迷惑をかけないように、できるだけ早く、工事を終えられるように工事をすすめました。

お風呂の工事自体は、3,4日で終えられたので、それほど、不便を感じさせることなく工事ができました。

リフォームにかかった費用

1,280,000円

リフォーム before after

リフォームのbefore afterです。

お風呂

before

after

以前は、ステンレスのお風呂に、内装は、タイル仕上げでしたが、最新式のユニットバスに交換して、サッシを少し小さくして、ペアガラスに交換しました。

壁の色は、お施主さんの希望で、以前のタイルの色に近い、ピンクですが、だいぶ、明るい雰囲気になりました。

最新式のユニットバスは、冬でも暖かいのが一番のメリットですが、追い炊き機能もついていて、以前のお風呂よりも、かなり、使い勝手はいいと思います。

ユニットバスの大きさに合わせて、少し、壁を後退させましたが、新しい壁には、板を張って仕上げました。

洗面所

before

after

水回りということもあり、少し、古いフローロングが傷んでいましたが、今回、お風呂をリフォームするついでに、新しいものに張り替えました。

洗面所の設備は、比較的、新しいものなので、そのまま、使用します。

床下には、断熱材を入れました。

洗面所で、着替えをするので、足元が暖かくなるのはうれしいところだと思います。

フローリングは、以前のものに近い雰囲気のものがいいということで、桧の複合フローロングを使用しました。

厚みもあって、しっかりとしています。

表面は、ウレタン塗装なので、掃除もしやすいタイプです。

敷居を取ってバリアフリーにした分、高さが変わったので、洗面所の入口の扉も、新しいものに交換しました。

外壁

before

after

サッシを小さくしたので、一部、外壁のトタンを張り替えました。

サッシは、ペアガラスで、以前よりも、暖かくなりました。

 

新しいユニットバスに対応した給湯器です。

新しい給湯器は、エコジョーズという省エネ性能の高いものなので、10~15%くらい、ガス代を節約できるようになりました。

工事写真