豊田市で外壁の塗り替え工事を行っています。

工事は、GWの連休を挟んで、少し、休み期間などもありましたが、雨の影響もほとんどなく、順調に、作業がすすみました。

塗装前のお家の状態です。

築40年近くにのお家なので、だいぶ、塗装も劣化していましたが、今回、すべて、塗装し直すので、かなり、綺麗な状態になると思います。

外壁は、トタンがほとんどですが、錆びたりということもないので、塗装をし直せば、まだまだ、10年以上は、大丈夫そうです。

最近は、外壁をサイディングで仕上げるお家がほとんどだと思いますが、サイディングは、シーリングが劣化したりと、10年に一度くらいは、メンテナンスの必要があるので、こういう古いトタンの外壁の家は、メンテナンスという意味では、楽かも知れません。

その時代の流行も大きいとは思いますが、金属製の外壁材(最近は、ガルバリウム性の外壁材が人気です)は軽いので、地震にも強く(軽いと揺れ幅が小さくなります)、塗装のもちも良いので(フッ素系の塗料は、15年以上メンテナンスの必要がありません)、少しずつ、復活しつつあるように思います。

まずは、足場を組んでいるところです。

少し、複雑な形状なので、なかなか、苦戦したようですが、熟練の職人さんが、手際よく、足場を組んでくれました。

周りに塗装が飛び散らないように、ネットで覆います。

昔から、馴染みのお客さんなので(作業中には、お茶を出して頂いたりと、お気遣いをいただきありがたかったです)、近所の方も、知り合いの方が多く、作業はしやすかったです。

まずは、下塗りをしたところです。

金属製の外壁には、劣化を防ぐために、錆止めの下塗り塗料を塗りました。

職人さん一人での作業でしたが、手際もよく、かなり、いいペースで作業がすすみました。

作業中に、塗料が飛び散らないように、サッシ周りや屋根などは、しっかりと養生をしながらの作業です。

毎回、丁寧に作業をしてくれる職人さんなので、本当に、ありがたいのですが、綺麗な仕上がりになると思うので、お施主さんにも、喜んで頂けると思います。

仕上げ塗りをしているところです。

元の外壁と、同じような色ですが、つやもあって、かなり、綺麗に仕上がります。

サッシ周りや、破風、軒天など、所々、違う塗料を使っての作業なので、なかなか、大変だと思いますが、手際の良く作業をすすめてくれました。

外壁がきれいになると、やはり、気持ちの良いものなので、お施主さんにも、満足していただけるように思います。

屋根の塗装が終わったところです。

屋根の塗装をしている時は、ちょうど、このあたりでも、30度近くなった日なので、なかなか、大変だったようですが、綺麗に仕上がりました。

外壁の塗装は、そのお家の状態にもよりますが、15年、20年経つようなお家の場合は、一度、メンテナンスをしたほうがいいと思います。

外観がきれいになると、見た目的にも、気分の良いものですが、古いお家をリフレッシュさせるという意味でも、なかなか、楽しいと思います。

古いお家は、こまめに、メンテナンスをしながら住み続ければ、愛着も感じられて、より、大きな価値を感じられるものだと思うので、気になる部分方などがあれば、お気軽に、ご相談いただけばと思います。