豊田市御船町にて、屋上の防水工事が終わりました。

リフォーム前の状態です。

数十年たっているので、だいぶ、防水シートが劣化していました。

特に、笠木の部分のシートが、所々、切れていたりと、雨が侵入している形跡もあり、雨漏りをしていたと考えられます。

こういう、陸屋根は、雨漏りをする可能性が高いので、数年に一度、メンテナンスをすることをおすすめします。

立上りと笠木の防水シートをめくったところです。

それ以外の部分は、シートをめくらずに、上から、さらに、シートを施工して仕上げます。

笠木のシートをめくったところ、やはり、雨が侵入していたようで、下地のコンパネ板が腐っていたので、腐っていた部分を撤去しました。

立上り部分に、防水用の樹脂塗料を塗って、笠木には、新しく下地となるコンパネ板を取り付けました。

古い防水シートの上から、新しいシートを施工したところです。

古いシートをめくらない工法なので、その分、工期が短縮できます。

立上りと笠木の部分にシートを張っているところです。

立上りと笠木の施工が終わったところです。

ちょうど、天気の良い日が続いたので、作業が順調に進みました。

シートを施工した立上り部分に、パラペットアングルを取り付けたところです。

最後に、シートの継ぎ目などのジョイント部分に、コーキングをして完成です。

リフォーム前

リフォーム後

リフォーム前は、だいぶ、シートの劣化が目立ちましたが、新しい防水シートをきっちりと施工して、綺麗に仕上がりました。

これで、しばらく、雨漏りの心配はないように思います。

雨漏りの原因は、これ以外にも、外壁の劣化など(サイディングの場合は、劣化したコーキングから雨漏りする場合もあります)も考えられますが、築20年以上のお家に住んでいる方は、一度、点検されることをおすすめします。

今年は、大型の台風の影響で、軒樋の修復工事や防水工事のご依頼が、他にもありましたが、普段から、定期的に点検をしていると、安心できると思います。