今年も一年が始まりました。

去年は、途中で年号が変わったこともあり、いつもとは少し雰囲気の違う一年でしたが、今年は、オリンピックイヤーということもあり、春から夏にかけては、少し、賑やかな一年になるように思います。

去年は、夏がものすごく暑かったこともあり、その影響からなのか、今のところ、冬になっても、そこまで、厳しい寒さではありませんが、朝晩は、さすがに、気温が下がってきたので、起きるのがつらいという人も多いと思います。

今の家は、だいぶ、断熱性が向上しているので、新しい家に住んでいる人は、比較的、冬でも過ごしやくなっているとは思いますが、古い家は、壁に断熱材が入っていなかったりと、朝晩は、かなり、冷え込みが厳しいとように思います。

昔の家は寒いのが当たり前だったので、多くの人がそういうものだと我慢していたとは思いますが、寒い家に住んでいると、光熱費がかかるのと、健康被害も大きいので、少しでも、快適に過ごすためには、断熱リフォームがおすすめします。

どんな断熱リフォームがいいのか?

家の断熱性を高めるといっても、どんな方法があるのか、あまり知らないという人がほとんどだと思います。

断熱性を高めるには、家の隙間風が入ってこないように隙間を埋める方法と、床下や壁に断熱材を入れて、床や壁の厚みを増やし、熱を逃がさないという二つの方法があります。

ただ、壁や床に断熱材を入れるという方法は、既存の壁や床を壊さなくてはならず、時間やコストを考えると、なかなか、難しいのが現実です。

床の場合は、畳からフローリングに変えたり、新しくフローリングを張り替えたりというタイミングで、ついでに、工事を行うという方法がありますが、壁の場合は、かなり、大掛かりな工事をしないといけなため、かなり、ハードルが高くなります。

どうしても、壁に断熱材を入れたい場合は、外壁工事と一緒に、外壁側に断熱材を施工する方法が一番ですが、かなり、コストもかかるので、大掛かりな工事のついでにというのが現実です。

一番、効果的な断熱工事とは?

それほど、コストも手間もかけずに、断熱性を上げる方法としては、窓のリフォームが一番です。

窓を変えるだけで、家の寒さを軽減させられるというと、意外に思うかも知れませんが、昔の家の窓は、断熱性が低く、かなりの熱が窓から奪われています。

今の家が暖かいのは、できるだけ、窓を小さくして、開口部からの熱損失を減らしているのが大きいのですが、それと同じくらい暖かい家にしようと思えば、窓を性能の良いものに変えるのが一番です。

昔の家は、壁に占める窓の割合が大きいので、窓を性能の良いものに変えるだけで、かなり、光熱費も少なくて、快適な生活が送れます。

特に、サッシ以前の窓の場合には、気密性も向上するので、隙間風を防ぐという意味でも効果的です。

窓の性能とは?

性能の良い窓というのは、なかなか、イメージしずらいと思いますが、わかりやすいものでは、窓のガラスが二重になっているものや三重になっているものがあります。

一つの窓に二枚以上のガラスが入っていれば、間に空気の層ができるので、その分、断熱性が高まります。

新しい家は、ガラスが一枚のシングル窓というのはなく、ほとんど、二重ガラスの窓か、さらに、性能の良い家では、三重ガラスの窓が使われています。

それに加えて、窓の枠の材質が樹脂のものだと、枠から、熱を奪われることも少なく、結露を防ぐという意味でも、大きいです。

窓の材質と言われてもぴんと来ない人が多い人が多いと思いますが、熱の伝わり方は、材質によって大きく違います。

わかりやすく説明すると、アルミの鍋を思い浮かべてもらうのが一番です。

アルミの鍋は、鍋の部分は、熱の伝わりやすいアルミですが、手を持つ部分は、熱の伝わりにくい樹脂製のプラスチックになっていると思います。

アルミは、加工しやすいので、昔は、窓に使われる材料としては、重宝されてきましたが、断熱性を考えると、これからは、樹脂が主流になっていきます。

断熱性能の高い窓は、二重もしくは三重のガラスで、樹脂製ということです。

窓のリフォームの方法

窓のリフォームの方法には、既存の窓を取り外して、新しく取り付けるという方法と、既存の窓をそのままで、内側に、新しい窓を取り付けるという方法があります。

どちらも、工事の日数は、それほどかかりませんが、より手軽で、コストもかからないのは、内側に窓を取り付ける方法です。

窓の状態によっては、内側に取り付ける工事ができないところもありますが、一部屋に取り付けるくらいのリフォームなら、一日もあれば、十分、工事が行えます。

窓が二重になる分、開け閉めが面倒になるというデメリットはありますが、光熱費を抑えられて、快適に過ごせて、さらに、結露も防げるので、メリットはたくさんあります。

寝室や居間など、長い時間、過ごす場所だけなら、それほど、コストもかからなと思うので、本当に、おすすめのリフォームです(一部屋、二部屋くらいのリフォームなら、ついでに、床もリフォームをして、床下に断熱材をいれるのもおすすめです)。